アルバイト 美容 エステ ネイル

アルバイトの美容・エステ・ネイル業について|不器用だからできないと思いこんでませんか?

美容・エステ・ネイル業は「美」を追求する仕事です。

 

自分の個性を押し通すわけではなくお客さんの好みを聞き
その中で最大限の技術を提供するという感性と理性の両方を要求され
最初のうちは悩むことが多いかもしれません。

 

以前は女性が活躍している仕事でしたが
最近は男性も多く活躍しています。

 

美容・エステ・ネイル業に向く天性の
才能を持っている人がいます。

 

会話好き、人好き、世話好き。人と接することが好きで
自分からどんどん話しかけられる人です。

 

こういう人は商売向きで、しゃべりながら勝手に手が動いています。

 

でも最初、これができずに苦労する人もいます。
技術の向上には黙々と取り組んでも、サービス提供者としての
バイタリティが弱いと成長しないのです。

 

自分からお客様に働きかけ、手を動かしながらお客様が
発する信号を敏感に感じ取り、適切な対応をする。

 

このバランスがとれている人は伸びていくのです。

 

憧れる存在になる

 

そして「美」の仕事をしていくうえで大事なのは
お客様の憧れる状態になるということです。

 

例えば、美容師でしたら髪型をいつも最新の流行にしたり
エステティシャンでしたら、お肌にいつも潤いがある状態にするなどです。

 

自分が気をつけることになるので、自分も磨かれます。

 

不器用さは関係ない

「不器用だから」という理由で美容・エステ・ネイル業を
諦める若者も最近多いようですが、実際は器用・不器用は大きな問題ではありません。

 

一番大切な事は、「探究心を持って長く続けられる」ということに尽きます。

 

美容・エステ・ネイル業務で必要な技術スキルは、
反復練習によって全てクリアすることのできる作業です。

 

もちろん、芸術的観点やトレンドに対する知識なども必要ではありますが、
こちらも同様に、学習する意欲と反復練習によって
十分なパフォーマンスを身につけることができるようになります。

 

向いている人・向いていない人

 

とにかく美容・エステ・ネイル業に向いている人とは、
今現在の時点で器用でお洒落な人ではなく

 

上記のように何事にも可能性を見いだし、
それを楽しく続けることができる人が一番適正があると言えるのです。

 

しかしながら、現実は厳しいもので10年で離職率90%以上とも言われている業界ですので
「美容と人が大好きだ!」いということが大前提にはなってきます。