アルバイト 営業職

アルバイトの営業職について|本当に大事なことって知ってますか?

営業職は、お分かりの方も多いと思いますが
人にものやサービスを紹介して、買ってもらったり、契約してもらったりする仕事です。

 

この仕事は、飲食業・販売業よりも
更に高いコミュニケーション能力を必要とされます。

 

営業の種類

 

営業には種類がいくつかに分かれています。

 

一般営業職

 

一般消費者がこの営業のターゲットになります。
商談の時間が夜になって遅くなってしまったり、

 

土日祝祭日にも出勤せざるを得ない状況だったりで、
勤務形態はどうしても不規則になってしまいます。

 

例えば、住宅販売、車のディーラーさん、金融商品、
などがこ形態で、結果を出すことを重視されます。

 

断られても諦めない粘り強さと相手の興味を引く工夫
決定権を持つ人物が誰なのかを見極めなくてはいけないので
洞察力も求められます。

 

ルートセールス

 

特定のお客様のところに行って
営業活動をするのが、このルートセールスになります。

 

築き上げてきた信頼関係を元に
商談・取引などができる部分は、一般営業職よりはやりやすいです。

 

ターゲットが法人となるケースが多いので、
お客様の管理や安定した信頼が重要になってきます。

 

お客様のご要望と内情を調整して問題解決する能力
本来の隠れているニーズを掘り出す、提案する力も必要になってきます。

 

セールスエンジニア

 

技術職営業とも言われております。
専門の知識を持った営業のことを指します。

 

カタログだけでは顧客の理解が得られにくい、IT・電機・機械関連商品に多く
いずれもエンジニアとして経験を積んだ上で
セールスエンジニアになることが多いです。

 

技術面の知識はもちろんですが、
相手の知識レベルを把握して、合わせる対応力が求められます。

 

向き・不向き

 

何かものを買ってもらおうと思った時に、大切なことって分かりますか?

 

当然、商品自体の価値も重要ですが
その商品を紹介する人の人柄や熱意が物凄く大切なんです。

 

営業は、この人柄と熱意がある人に向いていると言えるでしょう。